読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と創作・思索のひろば

ドキドキギュンギュンダイアリーです!!!

2014年買ってよかった! 本を読む人におすすめの文房具3点

f:id:motemen:20141210004127j:plain

今週のお題「今年買ってよかったもの」〈2014年をふりかえる 2〉

小説を読むときにもおすすめできるけど、どちらかというと実用的な本を読むときに。

透明のポストイット

読書のとき、気になるところに印をつけながら読むというのはみんなやることだと思うけど(このエントリで紹介するのは全部その前提なので、そうじゃない人はちょっと……)、その際もっとも敷居が低いのは付箋だろう。本を傷つけないし、貼り直せるから、自由にぺたぺたと貼れる。敷居が低いのはいいことで、この部分が気になるけれど、わざわざ書きこむほどでもないんだよな……などと躊躇して書かなかった結果、後からあれなんだったっけ、と迷うことがない。

そういう付箋のなかでもこれが優れているのは、本体が透明なので、文字に重ねて貼りつけられるところ。不透明な紙の付箋だと、行を避けて貼ったり、本文を隠してしまったりして微妙にストレスが溜まってしまうところだ。難があるとすればホコリを貼りこんじゃうとちょっと見た目がわるいところか。

ポスト・イット ジョーブ 透明見出し 44x6mm 20枚x9色 680MSH

ポスト・イット ジョーブ 透明見出し 44x6mm 20枚x9色 680MSH

蛍光マーカー

これが最もライフチェンジングで、最高だった。

いくら付箋が良いものだといってもやはり直接の書きこみに勝るものではなくて、付箋が行単位のハイライトしかできないのに対し、書きこみなら文、単語単位で強調できる。貧乏性の自分も文庫や新書など、安い本はあえて汚していこうという気持ちで鉛筆やボールペンで線を引いてみたりもしたのだけれど、どうしても線がへろへろになってしまって、きちょうめんな方ではないとはいえ、後から見返したときに心地よいものではない。蛍光ペンでのハイライトなんてもってのほかだった。

ステッドラーのこの蛍光マーカーはよくある平たいペン先の蛍光ペンと違い、クレヨンのような書き心地なのが特徴。これがすごい! 線が歪んでしまっても、そのままペン先をぐりぐりと動かしてしまえば外したところを塗りつぶすようにハイライトできる。水性のペンだと線を重ねるたびに色が濃く、紙がふやけてしまうので一発書きの趣があるところ、これはやり直しが効くので気楽だ。ぜんぜん感覚が違う。使ってみればわかります。

ステッドラー 固形蛍光マーカー テキストサーファー ゲル 264 PB3  3色セット

ステッドラー 固形蛍光マーカー テキストサーファー ゲル 264 PB3 3色セット

ブックダーツ

これは……一見おしゃれアイテムのようだけど、意外と馬鹿にできないやつ。

上で紹介した文房具たちも、かように便利千万なものであるのだけれど、ひとつ弱点があって、それは本とともに持ってくるのを忘れてしまうと無力な点だ。いつもとちがうカバンで出かけて本を取り出すと付箋やペンが手元になく、印がつけられなければ読めないと怖じ気づいて、スマホで電子書籍を読みはじめてしまうのはよくある話。

ブックダーツはページをクリップのように挟むので、しおりのようにも、行を示すようにも使え、こういったときにも役立つ。ブックダーツを挟んでおいて、あとで線を引くなり付箋を貼るなりすればいい。紙を傷つけそうなのと意外と重みがあるので常用はしないけれど。

いやいやこれも忘れたら意味ないでしょ、と思うかもしれないが、ブックダーツの便利なところは、本そのものに収納が可能なところだ。読みはじめるときに、裏表紙にでも4、5個挟んでおけば、本を持ちだすときにはかならずこのブックダーツもついてくるわけだ。かくして安らかな読書の時間を楽しめる。

【BOOK DARTS】ブックダーツ チョコラベル75個ミックス

【BOOK DARTS】ブックダーツ チョコラベル75個ミックス

紹介したうちのひとつだけでも便利なので、どうぞご活用ください。