詩と創作・思索のひろば

ドキドキギュンギュンダイアリーです!!!

GitHub ActionsでRustプロジェクトをクロスビルドしてリリースする

前のエントリではバイナリを GitHub のリリースとして配布しているけれど、これは GitHub Actions でビルドとリリースのアップロードを行っている。いろいろ試行錯誤した結果なのでメモを残しておく。

ビルドに成功してからリリースを作成する、とした違いはあるけど、基本的に以下のエントリを参考にしている。

【GitHub Actions】Go言語の自動テストからリリースまでを作ってみた - Qiita

できあがりの workflow はこういう感じ。

https://github.com/motemen/slack-stream-json/blob/97d3745dcc8931a1d75217573d5ca60705be632f/.github/workflows/release.yml

一度 CI をセットアップしてしまうと、そのあと触ることは全然ないので、時間をあけて完全に忘れてしまった状態でも、問題なくメンテできるようになっていてほしい。そういう観点では、公式っぽいアクションだけで構成できたのはよかった。

ジョブはこういう流れになっている。

  • Build (matrix)
  • Create-release
  • Upload-release (matrix)

Build

  build:
    strategy:
      matrix:
        target:
          - x86_64-unknown-linux-gnu
          - x86_64-pc-windows-gnu
          - x86_64-apple-darwin
        include:
          - target: x86_64-unknown-linux-gnu
            os: ubuntu-latest
          - target: x86_64-pc-windows-gnu
            os: ubuntu-latest
          - target: x86_64-apple-darwin
            os: macos-latest

    runs-on: ${{ matrix.os }}

    steps:
      - uses: actions/checkout@v1

      # https://github.com/actions/cache/blob/master/examples.md#rust---cargo
      - name: Cache cargo registry
        uses: actions/cache@v1
        with:
          path: ~/.cargo/registry
          key: ${{ runner.os }}-cargo-registry-${{ hashFiles('**/Cargo.lock') }}
      - name: Cache cargo index
        uses: actions/cache@v1
        with:
          path: ~/.cargo/git
          key: ${{ runner.os }}-cargo-index-${{ hashFiles('**/Cargo.lock') }}
      - name: Cache cargo build
        uses: actions/cache@v1
        with:
          path: target
          key: ${{ runner.os }}-cargo-build-target-${{ hashFiles('**/Cargo.lock') }}

      - uses: actions-rs/toolchain@v1
        with:
          toolchain: stable
          override: true
      - uses: actions-rs/cargo@v1.0.1
        with:
          command: build
          args: --release --target=${{ matrix.target }}
          use-cross: true

      - run: |
          zip --junk-paths slack-stream-json-${{ matrix.target }} target/${{ matrix.target }}/release/slack-stream-json{,.exe}
      - uses: actions/upload-artifact@v1
        with:
          name: build-${{ matrix.target }}
          path: slack-stream-json-${{ matrix.target }}.zip

Linux、macOS、Windows それぞれでビルドしたいので、matrix を使う。なんか cross というのを使えば(actions-rs/cargo のオプションにある)1ホスト上で全部クロスビルドできそうだったんだけど、x86_64-apple-darwin 向けのビルドで "error: failed to run custom build command for backtrace-sys v0.1.32" などと言われてしまい簡単にはできなそうだった。このへんの仕組みは何も知らないので、OSごと切り替えられるのであればそちらのほうがシンプルだろうと、そのようにした。

x86_64-pc-windows-gnu 向けは Linux でビルドできた。ここが Windows でしかビルドできなかったら、zip コマンドを使い変えないといけなくて大変だったのではないだろうか……。

actions/cache も Rust/Cargo に対応している

ビルドしたバイナリは、あとでリリースに上げたいので actions/upload-artifact しておく。

Create-release

  create-release:
    needs: [build]
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - id: create-release
        uses: actions/create-release@v1.0.0
        env:
          GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
        with:
          tag_name: ${{ github.ref }}
          release_name: Release ${{ github.ref }}
          draft: false
          prerelease: false
      - run: |
          echo '${{ steps.create-release.outputs.upload_url }}' > release_upload_url.txt
      - uses: actions/upload-artifact@v1
        with:
          name: create-release
          path: release_upload_url.txt

actions/create-release でタグに対応するリリースを作成する。リリースを作るのは一度しかできない(エラーになる。ここでちょっとハマった)ので、matrix から外して、build とは別のジョブとして立てる。

リリースのアップロード用 URL を、これも後で使うので upload-artifact しておく。

Upload-release

  upload-release:
    strategy:
      matrix:
        target:
          - x86_64-unknown-linux-gnu
          - x86_64-pc-windows-gnu
          - x86_64-apple-darwin
    needs: [create-release]
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/download-artifact@v1
        with:
          name: create-release
      - id: upload-url
        run: |
          echo "::set-output name=url::$(cat create-release/release_upload_url.txt)"
      - uses: actions/download-artifact@v1
        with:
          name: build-${{ matrix.target }}
      - uses: actions/upload-release-asset@v1.0.1
        env:
          GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
        with:
          upload_url: ${{ steps.upload-url.outputs.url }}
          asset_path: ./build-${{ matrix.target }}/slack-stream-json-${{ matrix.target }}.zip
          asset_name: slack-stream-json-${{ matrix.target }}.zip
          asset_content_type: application/zip

これが最後のフェーズ。あまりそうする必要もないけど、build と合わせるため matrix を使う。actions/download-artifact で前の2つのジョブの結果を受け取って、actions/upload-release-asset する。これで各 OS 分のファイルをリリースに添付できる。

標準出力に ::set-output と送ることで、ステップの output を設定できるらしい。おおう。ステップ名には - も使えるので、今回はケバブケースを採用してみた。

はてなで一緒に働きませんか?