読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と創作・思索のひろば

ドキドキギュンギュンダイアリーです!!!

sbt で Vim のスワップファイルが watch されるのを抑制する

Scala sbt

Scala の話。sbt~compile とかしてるときに Vim で新しいファイルを編集しはじめるとコンパイルが始まってなんだこりゃとなることがある。いまいちまとまった情報がないのでここに記しておく。

こういう場合 watchSources というキーに変更を加えてやるとよい。

グローバルに適用するために、~/.sbt/0.13/global.sbt などのファイルに以下のように記述する:

watchSources ~= {
  _.filterNot {
    f =>
      f.isDirectory ||
        """^\..*\.sw.$""".r.findFirstIn(f.getName).isDefined
  }
}

場合によっては ~/.sbt/0.13.9 以下に配置する必要があるかもしれない。

~=

どういう訳かはわからないけれど 0.13.x 系のドキュメントには ~= の説明がない。0.12.x 系には載っている。

More Kinds of Setting — sbt Documentation

参考